アウトドア⛺️
PR

冬キャンプでガス缶バーナーは使える?取り扱い方法とおすすめの対策を紹介!

なべアウトドア
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回は【冬キャンで使用するガス缶の取り扱い】について紹介します。
初心者キャンパー、初雪中キャンプに挑戦しようとしている方に是非とも読んでいただきたい内容です。
初めて冬キャンに行った時、ガス缶の保管と取り扱いで失敗した苦い思い出があるので経験談も踏まえて紹介します。

Googleアドセンス

ガス缶の種類を確認する

ガス缶には通常用、寒冷地用の2種類あることをご存知ですか?
ハイシーズンのキャンプではどちらでも使用できるため意外と気にしないかもしれません。
しかしメーカー毎に2種類を用意しており、使用環境によって使い分けが推奨されています。

冬キャンで使用するなら『寒冷地用』を購入しましょう。
メーカーによって表現は様々ですが、SOTOならハイパワーColemanならsuperと記載してあるやつを選びましょう。

外に出しておかない

寒冷地用のガス缶でも気温が氷点下になる場合どうしても点火しにくくなってしまいます。
リュックやコンテナから外に出したまま放置しておくとガス缶は冷えて点火しにくくなってしまします。
スムーズに点火させたいなら少しでも冷えにくいところに保管しておきましょう。

私の体験談ですが、冬キャンで雪の上にガス管を置いてたらうまく点火しませんでした。当たり前ですね。笑
冬キャンで使用するならタオルや寝袋などに包んでおくことをおすすめします。

ガス缶カバーを活用

ガス缶の冷えを防ぐアイテムにガス管カバーがあります。
使用中は気化熱によってガス缶が冷めたくなります。そんな時、役に立つのがガス缶カバーです。

様々な素材のものが発売されていますが、私は革製カバーをおすすめします。
ガス缶の冷えを軽減し、見た目もおしゃれになるカバーは一石二鳥です♪

OD缶カバー

CB缶カバー

【最後の手】別の熱源を用意しておく

ガス缶は使いやすいのですが、正直なところ冬キャンは苦手分野です。
冬キャンプの場合、ガス缶が使えなかったことを想定して別の熱源を用意しておくことを強くおすすめします。

おすすめの熱源はアルコールバーナーです。
今回は詳しく紹介しませんが、どんなに寒い環境でも液体燃料に直接引火するので消えることはありません

冬キャンは事前準備が重要‼️

今回は【冬キャンで使用するガス缶の取り扱い】について紹介しました。
冬キャンで使用する場合には紹介したアイテムや保管方法を活用してガス缶が冷えることを防止しましょう。
初めて冬キャンをする方はガス缶で必ず熱源が確保できると思わないことが肝心です。先ほども言いましたが冬キャンは苦手分野です。
現地についてから用意不足に気づいても遅いです。事前準備を万全にして楽しいキャンプに出かけましょう♪

また次回の記事でお会いしましょう。それでは〜

ABOUT ME
なべ
なべ
海苔漁師/ブロガー
アウトドア大好きな漁師ブロガー♪ キャンプ情報を中心に更新してます! ほかにも漁師の日常・興味があることも発信しています!
〜広告〜
記事URLをコピーしました